ウインドダイアリーは、逗子の海と、逗子WSFレーシングの近況を自由気ままにお伝えするページです。風の吹いた日、及び週末のスクール日を中心に日記を書き加え、更新します。

最新更新822日 前回更新7月7日

 

更新期間が大きく開いてしまいました。その間、私事としては2回のワクチン接種を終え、近隣公的な神奈川県としては、緊急事態宣言の再発で海の家は遅れて開場したと思ったら早々に閉場。それでも夏休みということで海岸には他県からも多くの人出。さらに全国を見ると、蛇行する偏西風の影響での寒気流入と多大な被害をもたらした大雨、そして早々の秋雨前線。とにかく多くのことが目まぐるしかった未更新の1ヶ月でした。

7月18日(日)

予報通りに午後になって引き上がったサーマル南風は、一度ピークを迎えてその後一旦落ち着き、そして夕方が近づいて再びの吹き上がり。その再びの吹き上がりに合わせてスラロームで出艇。南南東のサーマルは湾内ではガスティーながら、湾を出てしまえば安定で、沖に行くほどのちょいオーバ気味。その中、一人で久しぶりのスラローム艇速練習。メンバーは誰もいないし、周りを見回してもお相手がいなかったので寂しかったけど、プレーニングしてしまえばそこには楽しさしかありません。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。

8月1日(日)

午後になって吹き始めた南南東のサーマルは、ほどなくピークを過ぎてブローが途切れ途切れに。出艇したのはまさしくその頃で、タイミングを逸したと言えます。そんな中なので期待も薄く沖を目指してブロー待ちだったのですが、諦めかけたその時、一転して良いブローが入ってきました。しかもちょいオーバー気味でアウトを引き直すくらい。それはわずかな時間だったし、前回のスラローム同様にコロナ渦で疎遠になったメンバーも無く一人っきりだったけど、気持ちよくプレーニングできたのは気分爽快でした。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。

8月14日(土)

ウェイブの南風の中、午後2時の干潮過ぎての大崎狙いで出艇。この日のピークは昼前から午後2時くらいまでだったので出艇時はもう風が落ち気味だったけど、それでも4.7で完プレ。でも大崎はちょっと風向き悪くて波に乗るとオンショア。そのため気持ちの良いダウンザラインになかなか巡り会えずネバること小1時間、やっと風向きが良くなってきたかな、とのタイミングでいきなりの風無しに。それはわずか10秒でプレーニングから無風への一気転落。そんなわけで一人きりの大崎からの帰り道は久しぶりの階段トンネルからになってしまいました。ちなみにこの階段トンネル。大崎の浪子不動碑のすぐ風下側にあるそれは、そこを過ぎると海岸までの泳ぎ確定の最後の砦。久しぶりにそこから上陸したものだから、岸に戻ると仲間が心配して待ってくれてました。使用道具ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルOURERIP4.7。

8月18日(水)

前夜から吹き続ける南風に期待して、また午後3時の満潮後の波に期待して遅めを狙っての出艇。でもこの日はときおりの雨もあり風速不安定。吹き上がったと思えばすぐに弱風になり、もうダメかと思うとまた吹き上がるの繰り返し。そうした繰り返しの中、思惑通りに満潮を過ぎると大崎に波が入り始めました。それを狙って出艇したのですが、、、出ては風が落ちて戻り、戻ってはまた風が入って出艇して、結局そんなことを繰り返すばかりで大崎の波にはアタックできないまま夕暮れを迎えてしまいました。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。