ウインドダイアリーは、逗子の海と、逗子WSFレーシングの近況を自由気ままにお伝えするページです。風の吹いた日、及び週末のスクール日を中心に日記を書き加え、更新します。

最新更新924日 前回更新9月8日

 

北風でスラロームの日は良い感じなのですが、波に乗れるようなウェイブチックな日は例外無く風が不安定。しかも風向、風速共に大きく変化する不安定さ。この不安定な南風、今年は春からずっと続いてます。それなりに安定した風で落ち着くのは、冬型になってからの西風になるのかも。それまでは、スラロームは満喫、プチウェイブはちょっとイライラしながら、それでもどうにか少ないチャンスをモノにして波乗りするしかなさそうです。

9月8日(火) 風待ちの後、午後も遅くなって南風が吹き始めたので、お借りしている板(ファナティックFREEWAVE95の2020年モデル)の試乗2日目。台風のウネリの残る大崎狙いで出張してみたものの、残念ながらすでに波は衰え、しっかりプレーニングしながら波間にアプローチできても、肝心の乗れる波がありません。ちょっと残念な試乗2日目でした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。
9月18日(金)

本格的な久しぶりのウェイブになりそうな予報におおいに期待したけど、風は不安定。吹いたと思えば衰え、また吹き上がるの繰り返し。最初は4.7とスモールウェイブボードと思って支度したけど風が落ちて、仕方無く試乗3日目の95リッターに変えて出艇。まずはトボトボと上って大崎へ。すると予想通りに南西の風が入ってきて、肩サイズの波が崩れるサーファーズ前にアプローチ。でもイケません。まだ風向不安定なせいか、波に乗ると風が途切れます。しかも立ってるのもやっとな状態くらいまで風ダウン。当然、巻かれます。ウォーターも上がりません。そんなことを3回ほど繰り返すうちに、今度は南にシフトして吹き上がってきて、インサイドに出戻り。手前の波は腰サイズだけど、それでも吹き上がったクロスオンショアの南風でダウンザライン。すると今度は吹き上がって95リッターじゃデカい。急いで板を小さく替えようと岸に戻って板を運んでいるうちに、また風が落ちちゃった。結局、風に翻弄されて気持ち良く波に乗れなかった午後でした。なんだか最近、こんなのが多いです。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

9月22日(祭)

久しぶりの北風スラローム。せっかくの4連休シルバーウィークだったけど逗子は風に見放され、連休最終日のこの日だけが吹く予報に、海上はウインドで大混雑です。その中、人出少ない湾口でメンバーと艇速練習。スラロームに丁度良い風速で気持ちよくプレーニング&ジャイブが楽しめました。ちなみに、鎌倉の連中が同じところまで主張して来てたから、鎌倉の風はダメだったんだろうなぁ。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。