ウインドダイアリーは、逗子の海と、逗子WSFレーシングの近況を自由気ままにお伝えするページです。風の吹いた日、及び週末のスクール日を中心に日記を書き加え、更新します。

最新更新820日 前回更新8月7日

矢継ぎ早に訪れる台風にウェイブを期待するけどさほど叶わず、それでも週末はスラロームが楽しめてます。夏恒例の本栖湖合宿も1日だけとは言え最高の風が楽しめたし、そう思えばやっぱり今夏は風の当たり年と言えるのでしょう。さらに今後も台風が相当数ありそうで、もしかしたら秋に向けてウェイブ三昧になるかも、です。

8月11日(土) 午後4時を過ぎて吹き始めた南風は想定外に吹き上がりスラロームはややオーバー。台風の残り香らしきサイズのウネリの上に、数え切れず走り回るプレジャーボートやジェットの引き波が複雑に重なった海面はデコボコで、それが板を跳ねさせるから尚更乗りにくく感じます。その中、湾口でひとっ走り。残念ながらメンバーとは合流できなかったけど、なんとなく合流した方々と艇速練習。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。
8月16日(木)

波が入ってます。しかも湾中央は4.5と70リッター台の板がバンバンに走れる風。でも風向きがイマイチ。どのポイントもオンショア確定で、その中で唯一どうにかなりそうなサーファーズに向けた大崎ポイントにアプローチ。オンショア気味のため、たぶんインサイドの風が抜けるだろうことを想定して選んだ板は95リッター。それが大正解でした。いつもより少し岬から離れたところからテイクアウトして、岬に近づきすぎないように早めのダウンザラインを意識すれば3回、4回と振れます。しかもブローとタイミングが合えば最後は崩れる波頭でリッピングも。さほど期待してなかっただけに、思いがけず楽しめた夕方でした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

8月18日(土)

本栖湖合宿初日。昨日から気温が下がり始めた本栖湖は少し肌寒くも感じるけど、午後になると早々に吹き始めたレギュラーな風はその後、白波が見えるほどに勢いを増し、それはもう最高に気持ち良くプレーニング。少しオーバー目なブローも交えながら、メンバーと大満足なプレーニングを満喫できました。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。

8月19日(日)

本栖湖合宿2日目。薄曇りの天気はなかなか風が入りません。午後を過ぎても音沙汰無しで、やっと吹き始めたと思えば単発ブロー。支度して出てはみたものの、さほど走れないままその単発ブローも終了。さらに長らく待ってみたけど、風が復活することなく合宿終了。もうちょっと吹いてくれそうな気配、あったんだけどなぁ。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。