ウインドダイアリーは、逗子の海と、逗子WSFレーシングの近況を自由気ままにお伝えするページです。風の吹いた日、及び週末のスクール日を中心に日記を書き加え、更新します。

最新更新521日 前回更新4月19日

 

今年は風の当たり年です。史上最速の春一番から継続してよく吹いていて、特に近年「吹くのが当たり前だったのに吹かない」ゴールデンウィークも期待以上に吹いてくれました。メンバーの指導(スクール)の無い日はウェイブにしか乗らない私でさえ連日のように乗れたのは、強風南風や南西風がそれだけ良く吹いたという証。日記に無い日もスラロームレベルであれば気持ちよく乗れた風の日があったことを思えば、これほど良く吹くのは近年稀です。この調子だと梅雨時でさえ、前線が上がって雨交じりながらも南風が吹いてウェイブなんて日も多々ありそうな気配。コロナで大変な今ですが、雨交じりの強風の日は浜の人出は皆無、さらに海に出てしまえば3密などあるはずもなく、誰に気兼ねすることもなく楽しめる日々が、まだまだ続きそうな気配濃厚です。

4月28日(水)

午後から吹き上がった風はブローで4.0台の強さ。でもブローが抜けると6.0台でも止まりかけるほどのアップダウン激しい風。その中をブローを狙って出艇したものの、波を求めて向かった大崎にたどり着く前にまた風が落ちて結局、波には乗れずにひとときプレーニングできただけでした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

4月29日(祭)

雨の中、午後になって風が安定して4.7ジャストオーバーな風速。波も入ってきて、特に午後4時の干潮以後は、わずかな時間ながらも岸際の腰上サイズの波と、少しオンショア気味な南風の組み合わせで、何気に楽しくフロントを狙えました。使用道具/ファナティックWAVETWIN79&ロフトセイルPURERIP4.0。

4月30日(金)

岸際でサイドショアに近い風向と腰サイズの良い波ながらも風の強弱が激しくてしばし出艇と帰着を繰り返し。でも夕方4時を過ぎると風が西にシフトして、それを合図に大崎へ。少しガスティー、少しオンショアながら、岸際よりも良い波サイズで期待大だったのですが、この日の波はフェイスでこぼこ、気持ちよくボトムターンとはいきませんでした。なんて言いながら6時過ぎまで乗ってたんですけどね。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

5月2日(日)

大西爆風。メンバーの指導を終えて急いで向かった大崎は、フェイスが整わな無いイマイチの波質ながらも、雷雲で撤収するまで、まぁそれなりに楽しめました。と言うか、たぶん久しぶりのウェイブだったら楽しかったとコメントしただろうに、ウェイブの日が多々あるものだから、贅沢になっての「まぁそれなりに」なんて表現です。使用道具/ファナティックWAVETWIN79&ロフトセイルPURERIP4.0。

5月5日(祭)

インサイドがガスティーな南風は、夕方が近くにつれて少しオンショアにシフトして安定し、小ぶりな波だけど岸の波乗りが楽しめました。ただ、良い波を待って「いざ」という時に海藻やゴミが頻繁にシングルフィンに引っかかりまくり、それでテンションが下がっちゃったのが残念でしたが。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

5月9日(日)

午前中に吹き上がった風は一休み。しばらくの間、南と南西の風がせめぎあって超不安定な風が続いたけど、午後3時をすぎて安定してきたのを合図に出艇。でもイマイチでした。大崎に向かい始めたけど途中で風が落ちて、その先は南に振れ戻った風とインサイドの腰サイズの波でお遊び。ウインド的には波に乗ってもフロントに気持ち良く振れるほどの風速はなく、でもSUPとウイングの仲間が混じり合って一本の波の乗って、そんなゆる〜い波乗りの時間は、それはそれで楽しかったです。。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

5月17日(月)

一週間ぶりの南風は、雨交じりのガスティー。でも強弱ありながらも概ね4.7でどうにかなります。アンダーでも波には楽々乗れる風速だし、オーバーだとボトムターンが流れたりするけど、午後2時の干潮時には波が整って、インサイドでも最大で胸下サイズの波とクロスオンショアの風でけっこう楽しく波乗りできました。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。