ウインドダイアリーは、逗子の海と、逗子WSFレーシングの近況を自由気ままにお伝えするページです。風の吹いた日、及び週末のスクール日を中心に日記を書き加え、更新します。

最新更新72日 前回更新6月21日

なんてことでしょう!6月中に梅雨明けしたのって、私的に記憶にありません。その早々な梅雨明けと時を重ねて連日吹いてます。波は入ったり収まったり、そしてまた台風の影響でサイズアップしたりと海は日々顔色を変えますが、相応に毎日のように乗れてます。こんなにウインドばっかりしてたら、仕事どうするんだっ!

6月27日(水) 昨日から吹き始めた南風。でも昨日は、風は吹いてるもののまったくの波無しでパス。しかし夜通し吹き続けたおかげで今日は大崎でブレイクしてます。午前中は4.0台でも良さげだったものの、自分が出艇できる午後には5.0台に。それでも波があるからと手持ちMAXサイズのプチウェイブセットで裏大崎へ。想定外にオンショアにシフトした裏大崎は、波に乗ってインサイドに入るほどに風が弱まり、さらに満潮に近づく波は厚く、いつもの薄くカールするリップが無くて当てどころが少なかったけど、それでもフロント目指してのスルスルとした波乗りが楽しめました。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。
6月25日(木)

昨日とまったく同じパターンで裏大崎へ。でも到着してみると昨日以上にオンショアがキツい!1本乗ってみたものの、そのまま乗り続けてインサイドに入ったが最後、オンショアで岬にぶつかり一気に抜ける風に、再びアウトに脱出するのは不可能と判断して、しばらくオンショアながらどうにか乗れるカブネのブレイクで振っての暇つぶし。何本か乗ってたら風が南にシフトして上がってきたので、いざ!と裏大崎へアプローチ。オンショアがかった風は昨日と同じく波に乗るとパワー不足で気持ちよくトップターンできる勢いは無かったけど、まぁそれでも何となく波に「乗った感」は遊べた夕方のひとときでした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。

6月26日(金)

3日連続の裏大崎。6月だと言うのに梅雨明けした日差しは強く、でも波は小さくなっちゃいました。風的には前3日よりも強くて十分楽しめそうなのに、待って吟味して選んだ波もブレイク弱く、ただウネリでなんとなくターンしてるだけの感覚に飽きて早々に退散。カブネも、大崎アウトも、冬のポイントである大崎も(SUPの方々に言わせるなら「波子」)、一通り波に乗っては見たものの風と波の向きはどこも見事なストレートオンショアでウインドには不適合でした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP4.7。

6月27日(土)

スラロームなら6.8〜7.0のワイサイズ小さなセイルを選ぶコンディションの中、懲りずに裏大崎へ。でもこの日は最低。風は弱いし、風向はオンショアだし、最たるはウネリはあるけど波が崩れずで早々に退散。終わってみればスラロームの方が「全然良かったじゃん」の午後でした。使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。

6月30日(日)

昨日、道具チョイスミスで台無しにした手前、この日は強気で7.8スラローム。周りはサイズダウンの7.0あたりを使う人も多いけど(ここ数日の状況を考えれば当たり前の選択)、これが大正解で、湾口からさらに1キロも沖に伸ばすと安定して入っている南風で、ジャスト、時折ややオーバーな最高のスラロームがメンバーと楽しめました。使用道具/パトリックSLALOM115&ロフトセイルSWITCHBLADE7.8。

7月2日(火)

潮回りの影響で2時を過ぎても大崎は陸化。でも台風の余波で波が入っているので少しネバって午後3時から出艇。湾内はガスティーながらも一度湾を出てしまえば安定の南風で裏大崎へ。その風は先週から吹き続ける中で最高の風向、さらには波もよろしく、しばし裏大崎らしいライディングが楽しめました。ただ4時半を過ぎると風がオンショアに微妙にシフトしてインサイドがスカスカしだしたので、それを合図に帰路に。わずかな時間だったけど、けっこう楽しかったです。ちなみにこの日、私は「狙いすぎて」リップに捕まり左肘を故障。これを書いてる今も左肘、ヤバいです。明日から台風の風が吹く予定なのに、さて?大丈夫なんだろうか?使用道具/ファナティックFREEWAVE95&ロフトセイルPURERIP5.4。